libertarianmattersの日記

日々読んだ本のこと、仕事のこと、ときどきコーヒーのこと

もやい大西連さんの声明を読んで

もやい大西連さんの声明を読み、思ったこと。

 

国の役割とはなんだろうか。

子を産み、育て、世代をつなぐこと以外に何があるのか。それだけではないか。伝統だ、保守だ、言葉あそびはほどほどにしてもらいたい。

 

子を産み、育て、そして世代をつなぐこと、それを誰かは「賭け」と言っていただろうか。それほど困難なことなのだ。

 

その「賭け」を担うだけの力がないのなら、そもそも「賭け」を担うつまりもないのならば、退場頂きたい。

 

生活扶助基準の引き下げに、反対する。

 

======

生活扶助基準の引き下げは、今回が初めてではありません。2013年8月から、すでに段階的に生活扶助基準の引き下げはおこなわれ、生活保護世帯の家計の平均6%がカットされました。しかも、子どものいる世帯ほど結果的に多く削減される計算方法がとられており、同年に成立した「子どもの貧困対策基本法」の理念と矛盾したものとなっています。

(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 理事長 大西連)

 

【緊急声明】生活扶助基準の引き下げを止めてください | 特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい