libertarianmattersの日記

日々読んだ本のこと、仕事のこと、ときどきコーヒーのこと

『電脳のレリギオ』

『電脳のレリギオ』 ドミニク・チェン NTT出版

電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる

電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる

情報技術を否定するのではなく、あくまで肯定する。人間性を損なうことなく、人間のための情報技術を追い求める。ドミニク・チェンの描く世界に大いに共感した。

僕たちが生きている今日の情報社会の行く先には、決して人工知能に人間が支配される冷たい世界ではなく、むしろ人間の「情け」や「報い」といった自然な感性に情報技術が寄り添う世界を設定できるはずだということ。そのためには「情報」というものに対するさまざまな偏見や誤解を払拭し、むしろ人間を活性化させる存在として捉えなおすことで人間と情報のポジティブな関係を再定義することが重要だ、ということです。

しかし、僕らの世界は現にどうなっているのだろうか。読んでいると、伊藤穰一オバマ前大統領の対談の一節を思い出した。

伊藤穰一(JI) これをいうとムッとするMITの学生もいると思うんですが、AI技術の基礎たるコンピューターサイエンスの担い手が、圧倒的に男性が多数で、その大半が白人、しかも、「人よりも機械と話しているほうが楽」といった連中だということを、わたしは懸念しているんです。彼らの多くは、SFに登場するような汎用AIをつくれたら、政治や社会といった泥臭い問題を心配しないで済むようになると考えがちです。機械が自分たちの代わりに解決してくれるだろう、と。 BARACK OBAMA: LAST MESSAGE FROM THE WHITE HOUSE

そう、僕らの世界は、ドミニク・チェンや多くの心ある人たちの思い描くのとは別な方向に向かいつつあるように思う。でも、僕はドミニク・チェンと同じ方向を向いていきたい。情報技術を信じ、肯定し、そして人間を肯定したい。

ますます僕達の生活に浸透していきているアプリやソフトウェアといった情報技術を作る時は、自分たちでプログラミングをする術を持たなかったり、アイデアをわざわざ形にしようと行動しない人たちの「代わりに」作る、という意識が重要なのです。 この「代わりに」という表現には注意が必要です。ドゥルーズは同時に、このことを声のない人たちー(中略)ーへの哀れみから「彼らのために」書くのではなく、「彼らに成り代わって」書かなければならない、ということを強調しています。 才能や技術のある人間がだれかの「ために」施すのではなく、その魂の表現を必要とする対等な人間として社会に届けること。この境界線はとても曖昧で危ういものではありますが、同時に僕たちの文化を人間的たらしめる分水嶺でもあるような気がしています。

情報社会においては、僕たち自身よりも僕たちの挙動について知っているかのようにみえるビックデータや人工知能と呼ばれる技術がコンパスとして存在しています。しかし、コンピュータが計算する情報は、人間がそれを摂取してはじめて意味や価値が表現されうるものです。そして計算の方法つまりアルゴリズムは結局は人間が書くものです。